債務整理の流れ

債務整理というのは借金の額を一気に減らしていき、生活において苦しめられた金利などの負担から解放されていく手続きとなっています。
最近では不景気ということもあり債務整理を行う人が増えており、国内では200万人から300万人が借金に関する問題で悩まされています。
命を落としてしまう方も多くなっており、法律で対応できないかと相談する方も少なくありません。

そんな債務整理について見ると、様々な種類があります。
過払い金の返還請求や任意整理、さらには自己破産や個人再生といったものがありますので、各個人に合ったプランを選択することになります。
まず過払い金の返還請求というのはメリットとして裁判所を使わずに弁護士などが貸金業者と交渉を進めていきますので負担が軽くなります。
そして周囲にも知られませんので、手続きも安心することができます。
ただ該当する消費者金融から、二度とお金を借りられません。

任意整理では弁護士などが依頼をすることで督促をすぐに止めることができます。
利息もカットされますので安心することができます。
しかしブラックリスト入りが確定しますので、デメリットも把握しておきましょう。

自己破産では借金が免除されますが、信用情報についてブラックリストに個人名が掲載されます。
そのため新規で借り入れをしたりクレジットカードの作成ができなくなってしまいます。
個人再生もブラックリストに10年近く掲載されてしまいますので厳しくなります。


<推奨リンク>
過払い金の返還請求などの債務整理を行ってくれる弁護士事務所のサイトです → 債務整理